たまりば

  日記/一般 日記/一般  府中市 府中市

2013年03月31日

デンタルローンを利用する場合の注意点

デンタルローンは、歯の治療代が高額になった時に心強い味方になるものです。

どのような点に注意をして、デンタルローンを使うと賢い使い方ができるものでしょう。

歯科で請求される治療費はまちまちで、いざ治療を受けてみてから治療費が高かったことに気づくこともあります。

治療費がかかってもデンタルローンが使えることがわかっていれば、心強いのではないでしょうか。

入れ歯や差し歯は一度の治療で数万円かかり、インプラント治療なら10万円かかりますので、合計額は相当なものです。

おサイフの中身と相談しつつ、デンタルローンの使用の可否でも治療の方向性が決まるでしょう。

クレジットカード会社、銀行など、最近では多くの金融会社がデンタルローンを受け付けています。

金利や返済回数などは金融会社によって違います。銀行や信用金庫を利用した方が、より低金利で融資が受けられることもあります。

デンタルローンは、完済まで5~10年かける方法を選択するという人もいます。

無理なく返済できる範囲での借り入れができるかどうか、返済計画をきちんと立ててから借り入れをしましょう。

高額医療費制度を使って、歯の治療にかかった金額を減らせるかもしれません。

デンタルローンと合わせて事前に調べることが大事です。

高額医療費制度についてや、デンタルローンの金利等についてリサーチをしてから融資を利用しましょう。


  • 同じカテゴリー(ブログ)の記事
     高梨沙羅選手が総合優勝 (2013-02-18 17:28)
     ヒアルロン酸サプリメントの選び方 (2012-12-19 20:04)
     Bコースが解散 (2012-11-27 18:17)

    Posted by こなっち at 20:08│Comments(0)ブログ
    ※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    <?=$this->translate->_('削除')?>
    デンタルローンを利用する場合の注意点